スタッフのご紹介

症例報告 愛知医科大学耳鼻咽喉科学教室

耳鳴りに対する中医学的鍼治療の試み

呉 孟達(a) Lawrence C-L Huang(b) 稲福 繁(a)
(a) 愛知医科大学耳鼻咽喉科教室
(b) 上海中医薬大学鍼灸科教室

漢方と養生について-主に漢方薬膳を中心に

耳鳴りは耳鼻科外来の日常診療において最も多く遭遇する疾患の一つである。しかし、その治療は医療サイドに大いに無力感を感じさせるほど難治性のものが多い。これまでリドカインの静注療法や耳鳴りのマスカー療法などに代表される数多くの治療法が試行されてきたが、どれ一つとして決定打となるものがないのが現状である。今回我々は、左急性感音難聴に伴う難治性左耳鳴りの1症例に対して中医学的鍼治療を試み、左耳鳴りの良好な改善効果が得られたので報告する。

キーワード:耳鳴り、鍼治療、中医学

漢方と養生について-主に漢方薬膳を中心に

患者

40歳の男性。

主訴

左難聴、左耳鳴りおよび左耳閉感。

既往歴

12年前、左急性感音難聴にて近医耳鼻科で加療を受けるも完治せず、それ以降は軽い左難聴や左耳鳴りが持続していたが、日常生活では特に意識することはなかった。

現病歴

平成13年2月3日より突然左耳閉感の出現とともに左難聴、左耳鳴りの増悪を自覚するようになった。めまい感は特になかったが、左耳鳴りは常時低音のジーと、高音のピーという音が混在していたという。2 月4日当科を受診し、左急性感音難聴の診断のもとに翌日入院加療となった。

現症

両鼓膜、鼻咽腔の著変や眼振は見られなかった。純音オージオグラムでは、5分法(0.25, 0.5, 1, 2, 4kHz)にて左55dBの水平型感音難聴を認めた。 標準耳鳴り検査法による左耳鳴りの自覚的表現の評価では、その大きさ、持続および気になり方がそれぞれ3, 5, 4のスコアを示していたが、ピッチ・マッチ検査およびラウドネス・バランス検査(ティナイタスオージオメータ、DANAC100)では4kHz, 0dBおよび7kHz, 0dBの値を呈していた(図1a)。
また、補充現象検査は陽性、グリセオールテストは陰性であった。聴性脳幹反応および誘発耳音響反射(EOAE、DPOAE)では左側反応の低下が認められた。心理学的検査に関してはSRQ-Dが陰性で、CMIがⅠ型であった。その他、耳X線、頭部MRIおよび一般血液・生化学的検査では特記すべきことはなかった。

臨床経過

入院後17日間におよぶATP製剤(トリノシン (R)120mg/日)およびビタミンB群(ビタメジン(R)1V/日)の全身投与に加え、2クールのステロイドパルス療法(ソルコーテフ (R)500mg→400mg→300mg→200mg→100mg/1クール)および10日間のプロスタグランジン(パルクス(R)10μg/日)の点滴治療を行うも症状の回復は見られず、むしろ左聴力の平均閾値はさらに66dBにまで上昇した。
また、強い左耳閉感とともに左耳鳴りの大きさが入院当時より倍増したといい、そのピッチ・マッチ検査およびラウドネス・バランス検査の結果は8kHz, 8dBまで増大していた(図1b)。その後患者の希望により鍼治療を開始した。
鍼治療にあたって本症例に対する中医学的弁証論治の分析は以下の通りである。

弁証

まず、中医四診合参(四診合参は中医学の診察法のことであり、望・聞・問・切の四種の診察法を指している。切診の中には脈診と腹診が含まれている。)を行い、望診では患者の顔面部が膚白無華、すなわち顔の色澤が白く張り艶が見られず、問診では普段から胸悶(胸間とは胸のつかえ感をいう。)、食少、しかも度々食後の腹部膨満感を覚えた。
また、最近特に肢体困重(肢体困重とは体の重だるさをいう。)および口渇不多飲(口渇不多飲とは口が乾くが飲みたくないことをいう。)を感じるという。舌診では、舌質淡紅および舌苔厚白膩(舌質淡紅とは舌体が薄紅色を呈すること、舌苔厚白膩とは舌の表面に白色のねっとりとした厚い苔が付着していることをいう。)が認められた(図2a)。脈診は細弱であった。
以上のことから、本症例の病態は脾胃虚弱湿困証に属するものと考えられた。

論治

治療原則は健脾益気(健脾益気とは失調した脾の運化機能を治療し、脾胃の水穀精気を散布、是挺することをいう。)、昇陽通竅(昇陽通竅とは陽気、すなわち精気の阻滞を解消し、それを耳部の経路に通じさせることをいう。)とした。治療穴は表1に示した諸穴を取った。
鍼は8号(0.3×50mm)のセイリン鍼灸針を用い、諸穴に15~30mm刺入し、得気後に耳門穴、聴官穴、聴会穴および外関穴へは捻転瀉法、その他の諸穴へはすべて捻転補法を施した。置針は約40分間とした。

結果

毎回鍼治療の前後にルーチンとして標準耳鳴り検査を行い、左耳鳴りの経時的変化を追跡した。
図3に示したように2月21日の一回目の鍼治療後には、左耳鳴りのピッチとラウドネスは不変であったものの、自覚的に左耳閉感、左耳鳴りの大きさがともに楽になった気分という。そして、翌日の二回目以降は鍼治療を行うたびに左耳鳴りの大きさやラウドネスは段階的に半減していき、3月1日の四回目の施術後には左耳鳴りの大きさはスコア2、ピッチとラウドネスは8kHz, 0dBになった。
その後、左耳鳴りの大きさは多少の日内変動を示しながらも全般的にはほぼ意識しなくなったという。
3月22日まで合計6回の鍼治療を施した後、左耳症状固定として鍼治療を終了した。終了と同時に食欲不振、四肢倦怠感、腹部膨満感などの病状の好転も見られ、舌診では図2bに示したように鍼治療前と比べ舌表面のねっとりとした厚い白苔が薄くなり、脾虚湿困証の改善傾向が伺われる。
但し、残念なことに左難聴の回復は終始見られなかった。

ページの先頭へ戻る