鼻炎、鼻づまりなどの治療はアレジオ銀座クリニックへ

03-5148-1187 築地駅から徒歩1分 完全予約制

鼻炎治療

鼻炎治療

鼻炎治療では、様々な鼻炎疾患を対象に、一貫性をもった包括的な診断、治療を行っております。 
一般的なアレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎、急性/慢性鼻炎、急性/慢性副鼻腔炎、真菌性副鼻腔炎、特殊な好酸球性副鼻腔炎、術後性鼻炎/副鼻腔炎、また、最近増加傾向にある血管運動性鼻炎、寒暖差アレルギー性鼻炎などに対して、それぞれの疾患にとって最も適切と思われる治療を行います。

鼻炎による鼻づまり、鼻水、鼻血、嗅覚障害(においがしない、鼻が利かない)などの症状や治療でお困りの方は、ご相談下さい。鼻炎症状が長年続いている方は、粘膜の不可逆的な障害に伴って、症状が難治化する場合が見受けられます。中でも、副鼻腔炎(蓄膿症)が重篤化したり、好酸球性副鼻腔炎などの特殊な副鼻腔炎を併発することが多々ありますので、詳しい診察をお勧め致します。

鼻粘膜は、生体防御機能の要

鼻粘膜は、生体防御機能の要

鼻の粘膜は、身体と下界との門番の働きをしています。吸い込んだ空気の温度が高すぎたり湿り気が少なかったり、あるいはばい菌が入っていたりすると、肺に大きな負担を与えてしまいます。鼻の粘膜は空気の入り口の部分で湿度と温度の調整、そしてばい菌の除去をしているデリケートでとても大切な器官です。

つまり鼻の粘膜は、身体の内と外との間にあって、肺のために空気を整えて防御する門番の働きをしているのです。ウイルスや細菌など異物の排除も鼻粘膜にしかできない仕事です。

粘膜が傷ついたり、粘膜の機能が破たんしてしまうと、鼻粘膜が腫れ空気の通りが悪くなるため、鼻炎になったり、それをそのまま放置してしまうと呼吸の機能や効率が低下し、咽喉頭炎や気管支炎を併発したりします。それがさらに進むと、後鼻漏、イビキや睡眠時無呼吸の発生の原因となってくるのです。

対象疾患・症状

花粉症・アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎(蓄膿症)、慢性鼻炎、好酸球性アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎、鼻閉(鼻づまり)、肥厚性鼻炎、薬物性鼻炎、萎縮性鼻炎、形態異常性鼻炎、過敏性鼻炎、寒暖差アレルギー性鼻炎、職業性鼻炎、術後性副鼻腔炎、真菌性副鼻腔炎、肉芽腫性副鼻腔炎、歯性副鼻腔炎など

対象疾患・症状

鼻炎治療での診査・診断・治療

診察・検査

適切な治療は、適切な診断が無ければ不可能です。診察(問診、所見確認)に時間をかけ、それだけで判断 が難しい場合には必要な検査を必ず受けていただきます。

■検査法
内視鏡検査、血液検査(RAST、MAST)、鼻汁検査、鼻腔通気度検査、嗅覚検査、CT/MRI検査など
※検査は全て保険診療

診断・治療

診察・検査結果をもとに診断し、患者様とご相談の上、治療方針を決定します。
数多くの治療選択肢を横断的に組み合わせることで、患者様一人ひとりの症状やライフスタイルに最適な治療を提案しています。

■治療法
各種一般薬物療法、各種外科的治療
※保険診療と一部自由診療