花粉症・アレルギー性鼻炎の特徴や治療法を紹介しています。

03-5148-1187 築地駅から徒歩1分 完全予約制

花粉症・アレルギー性鼻炎

花粉症・アレルギー性鼻炎

花粉症・アレルギー性鼻炎

特定の物質に対して体が過敏に反応してしまう状態がアレルギーです。アレルギー性鼻炎では、普段は ウイルスやごみなどの侵入を防いでいる鼻の中の粘膜が、過敏反応による炎症で腫れ、鼻水や鼻づまり、 くしゃみなどの症状が起こります。

特に植物の花粉が原因物質となって起こる症状を花粉症と呼び、 日本では約3000万人が発症する国民病として問題視されています。

1人で複数の花粉アレルギーを持つ“多重花粉症” 

「今年は花粉症の症状が出るのが早い」、「例年より花粉の飛散が長く続いているようだ」などといった声が、 近年、花粉症患者様からよく聞かれます。

花粉症はスギ花粉によるものが一般的ですが、その他の植物 の花粉に対しても発症する可能性があり、前述のような悩みを持つ患者様は、スギ花粉以外にも複数の 種類の花粉アレルギーにかかってしまった“多重花粉症”とも呼べるケースです。“多重花粉症”になると、症状が増大するだけでなく、植物によって花粉の飛散時期が異なるため症状が長期化します。

1人で複数の花粉アレルギーを持つ“多重花粉症” 

鼻炎治療の重要性

鼻炎治療の重要性なぜ、複数の花粉症にかかる人が増えているのでしょうか。花粉症は、原因となる花粉に体が過剰に反応 している状況で、外気の入口となる鼻粘膜は炎症を起こして腫れています。

そのように粘膜が敏感になって いる状態のままで生活を続けていると、アレルギー原因物質(花粉など)の影響をより強く受けることになり、 既存のアレルギーが悪化するだけでなく、他のアレルギー原因物質に対しても体が新たに抗体をつくって しまい、更なるアレルギーにかかりやすくなるのです。

このような鼻炎の状態が更なる鼻炎を招く悪循環を断ち切るには、適切な治療で粘膜の炎症を取り除くことが大切です。花粉症・アレルギー性鼻炎は、一度発症してしまうと、高齢になって免疫機能が低下するまで は自然に治ることはほとんどありません。症状をガマンし続けて、更なる悪化や“多重花粉症”になることが ないようにしましょう。

鼻炎の治療法

内科的治療

■薬物療法
抗ヒスタミン剤でアレルギー反応を鎮静させるなど、症状を抑えるための最も一般的な治療法です。 薬剤の選択肢も多く、粘膜の炎症をコントロールするために優れていますが、アレルギー性鼻炎など では常時服薬を続けることに抵抗がある患者様も多いようです。
また、薬剤の種類によっては、眠気や、本人が自覚できない集中力低下・認知機能障害(インペアード・パフォーマンス)が服用時に起こることがあります。

外科的治療

■切除手術
外科的治療炎症により腫れた粘膜を切除することで、症状を大幅に低減できます。すぐに効果が見込めますが、術部 の粘膜の大部分を失い、粘膜上皮(表面)が持つ基本的な生理機能(加湿・加温・除菌)も損なわれてしまう という問題があります。

その結果、ウイルスや細菌などが容易に体内に侵入し、アレルギー性鼻炎以外の 病気にかかりやすくなります。鼻粘膜全体への侵襲性が高いことから、現在この手術の適用は重度の鼻閉(鼻づまり)症例に限られています。


■レーザー手術
粘膜の表面をレーザーで焼いて取り除く手法で、一般的に数ヶ月から1年程度の効果が期待できます。 粘膜組織を蒸散させるため出血をほとんど伴わず、切除する場合に比べて手術時の患者様の負担は大幅に 軽減される点がメリットです。

また、切除手術よりも治療の範囲・程度を調整しやすく鼻粘膜のダメージを減らすことができます。
しかし、粘膜上皮は切除手術と同様に失われるため、術後の鼻粘膜の生理機能は損なわれる点は変わりません。レーザーによる焼灼は組織の損傷が複雑になるため、特に繰り返し施術した場合、組織の再生に支障を来たす可能性も高まります。再生した粘膜の変性が強いと再発時に症状が悪化してしまう傾向があります。

■高周波凝固手術
粘膜に針を刺し、熱によって内部から粘膜を収縮させる手術です。切除手術やレーザー手術に比べて、 粘膜上皮の術部を限定することができます。しかし、焼灼による術部のダメージは避けられず、術部周辺の 生理機能の損傷や粘膜変性が起こる可能性があります。