伝統医学 Vol.7 No.1 March 2004 掲載記事

アレジオ銀座クリニック 03-5148-1187 築地駅から徒歩1分 完全予約制
0351481187

伝統医学 Vol.7 No.1 March 2004 掲載記事

中医学が有用なめまい

平馬:それでは、様々なめまいの内、中医学が守備範囲とすべきめまいは、どんなものかということを考えてみたいと思います。それから、それらの治療について触れていただきたいと思います。

私は漢方専門の外来をやっていますので、めまいの患者さんはそう多くはないのですが、時々みえるのは、耳鼻科や脳神経外科で診てもらったのだけれど西洋医学的な治療に満足できない。あるいは不安感を持っていらっしゃるというような方です。やはり、血圧の変動からくるめまい、降圧剤の副作用と思われるめまい、メニエール病のめまい、首のこりからきているめまい、更年期障害や自律神経失調症と関係するめまい、良性発作性頭位変換眩暈症などが多いです。

それから、突発性難聴で耳鼻科的な治療を受けて聴力は、すでに大きく回復していて、初期の回転性めまいも治ったのだけれども、身体動揺感が残ってしまったという方で、耳鼻科の先生からはもう治ったのだから普通に生活をしなさいと言われているけど、辛いといって来られる方もいます。

また、心因性のめまい、不安感が強い短時間のめまい感で、めまい自体が辛いというよりも、めまいが起こるのではないかという恐怖心を持たれている患者さんも多いですね。なかには椎骨脳底動脈循環不全の患者さんも来ますが、脳梗塞を予防するという立場からやはり漢方治療も一定の役に立つのではないかと思っています。

私の漢方外来にはこのようなめまいの患者さんがよく来ますが、先生方はどんなタイプのめまいが中医学の適応になると考えていらっしゃるか、お聞きしたいと思います。

めまいの病因病機

呉:今、平馬先生がおっしゃったような突発性難聴のめまいのケースですが、確かにその通りです。
突発性難聴の急性期が落ち着いて、慢性期に入った場合には、回転性のめまいはまず出ませんが、ふらつきは半年から1年も続くことが、決して少なくありません。ただし、患者さんがこのような症状を訴えるにもかかわらず、耳鼻科では「もうこれ以上通院は必要ない、あとは日々薬だから様子をみなさい」と言い渡されることもしばしばあります。
つまり耳鼻科で打つ手がないのです。こういった場合がまさしく漢方の最高の適用ケースではないかと思います。

さて、めまいに関する中医学的な考え方ですが、教科書的に言うと、外因性のものとしては、外邪の侵入があり、前庭神経炎・突発性難聴・内耳炎・外リンパ痩などが相当します。これらは外邪そのものが直接前庭機構に障害を与えるもので、一次的なめまいと言えます。これらのめまいに関しては、清熱解毒剤などを使った中医学的診療だけで上手くいった症例は、残念ながら非常に少ないです。

内因性のものとしては、主に5つの病因病機があると思います。肝陽上亢・疾濁中阻・気血両虚・腎精不足・ 血内阻です。

肝陽上亢によるめまいは、イライラや怒りなどの感情の変化によって症状が出ることがあり、高血圧性のものが多いです。痰濁中阻のめまいには、内リンパ水腫・メニエール病・起立性低血圧といった病気が当てはまります。私の経験では、メニエール病に対しては漢方がよく適応します。
弁証論治をよく考えたうえで治療をすると、効果が出やすいと思います。気血両虚については全身性・心因性、すなわち非前庭性のものが多いです。神経性不安障害・更年期障害・自律神経失調症・貧血などがあげられます。
症状の特徴は、やはり動悸・不眠などがよくみられます。これらには中医学的治療がよく適応すると思います。心因性のものは、中医学的にきちんと検証して治療すれば、場合によっては精神科の治療を取り込まなくても、漢方だけで上手く治していけることもあります。

腎精不足に関しては、腎不全で透析している患者さんや腎性高血圧・糖尿病などの疾患をもっている方で、めまいだけではなく、蝸牛症状もみられるような場合が多いです。「腎は耳に開竅する」といいますから、めまいのほかに耳鳴りや難聴などの蝸牛症状が伴うことも多いだろうと思います。

最後に 血内阻ですが、血のめぐりが上手くいかないと、脳と心に多彩な症状が出てきます。西洋医学的にいうと、脳出血・脳梗塞・動脈硬化などの疾患があげられます。肩こりやむち打ち症なども大いに絡んでくるのではないかと思います。 血傾向をもっているときには、腹診で腹部膨満感、小腹不仁をとらえることが多いです。

それから、先ほど述べた耳石については、今まで数例に中医学的な治療を試してみたのですが、あまりよい成績を得られませんでした。石そのものが原因となって、耳の中で悪さをしているわけですから、その石の働きを正常化させない限りは、いくら漢方薬を飲んだり針を刺したりしても、なかなか思うほどの効果は得られないですね。

めまいによく使う方剤

平馬:方宇先生、日常で多いのはどのようなめまいか、どういう方剤を使われているかお話いただけますか。

方宇:私の所では、完全に耳鼻科的なめまいについては、耳鼻科に任せていますし、脳腫瘍・脳梗塞についても初期診断は脳外科に任せてしまうので、自分で最初から最後まで対応することはあまりないのですが、比較的多いのは、高血圧に伴うめまい、それに心不全や不整脈に伴うめまいです。降圧剤や抗不整脈剤などで基本的な治療をやっても、まだフワフワ感があったり立ちくらみをするという場合に、じゃあ漢方を使いますかということになります。
一番多いのは、肝陽上亢や陰虚陽亢のような状況です。
老人性の高血圧などの場合には、漢方はゆっくりですが確実に効いてくれます。六味丸を加えたり釣藤散を使ったりすると、患者さん自身がこの薬はよいと言ってくれます。たとえば、降圧剤を飲むと患者さんは体が冷えて血圧が下がっていくのがわかるというのですが、それでも快適だという言い方はしてくれません。
血圧が下がったのはわかるけれど、頭やうなじがこっているとか、ときどき熱くなるとか、フワフワした感じが残るとかということは、実際に多く経験します。降圧剤だけでは不定愁訴には対処できないのです。ところが釣藤散を単独で投与して血圧も下がってすべての症状が取れたという症例はよく経験しています。

また、気血両虚の若い女性で、立ち上がるたびに血の気が引く気がする・疲れやすい・食欲がない・顔色が悪いなどの症状があり、血色素が10前後の貧血の方に四物湯と四君子湯を組み合わせて出したことがあります。1カ月ほどで症状がすべて取れて落ち着きました。貧血はそんなに著しく治っているわけではなかったのですが。このあたりが漢方薬の良いところだと思います。

平馬:漢方だと体調が良くなるということですね。

方宇:患者さんのレスポンスが非常に良いという印象を受けます。患者さんには「漢方はトータルバランスで考えて治療しているからですよ。」と説明しています。
もし、自分の診断が間違って、ちょっとずれた漢方薬を出すと、患者さんの方から「この薬を飲むと何となく調子が悪い。」と言ってきます。

平馬:先ほど呉先生に内因性の弁証類型として5つのタイプをあげていただきましたが、それぞれに対してどのような処方を使っていらっしゃるかお話いただけますか。

呉:肝陽上亢の場合は、やはり、方宇先生がおしゃったたように釣藤散薬を使います。竜胆瀉肝湯もよいのではないかと思います。それから必ず針治療も併用しています。
痰濁中阻の場合は、半夏白朮天麻湯と当帰芍薬散。ちなみにこの痰濁中阻の場合は、回転性めまいが多いです。
気血両虚に関しては、十全大補湯・補中益気湯・帰脾湯、この3つをまず使っています。腎精不足に関しては、欲をいうと海馬補腎丸など腎陽虚に対する薬が欲しいところですが、六味丸・八味丸・牛車腎気丸などで代用しています。血に関しても使えるエキス剤は少ないです。桂枝茯苓丸や通導散をよく使います。心疾患には冠心II号方が欲しいので、なんとか使えるような環境が整うとありがたいと思っています。

平馬:煎じ薬だともう少し選択肢が広がりますね。低血圧タイプの方で起立性低血圧を伴い、むくみやすい体質の方には、真武湯に苓桂朮甘湯を組み合わせると効果がある患者さんがいます。
私は普段煎じ薬で治療しているので、肝陽上亢タイプには石決明や珍珠母などの鉱物・貝類の薬で鎮肝潜陽をはかります。エキス剤では少し弱くなりますが、六味丸と柴胡加竜骨牡蛎湯の組み合わせも可能です。活血化薬も、中医学でいうと体の上部の活血をはかるなど、部位的な使い分けができるのですが、なかなかエキス方剤では対応できないということもありますね。 中医学的には、めまいというのは腎精や気血が不足しているか、あるいはそれらが上に昇るのを邪魔する何かがあって頭や目や耳を養えない状態、それから風火や痰濁などの病邪が体の中に生じてそれが上に昇って頭や目や耳をかき乱している状態、という考え方をします。
風火であればそれをしずめる、痰濁であれば半夏白北天麻湯などでそれを取り除きます。腎精不足や気血不足のめまいには補中益気湯や帰脾湯などをよく使いますが、煎じ薬だと黄耆の量を増やしたり、黄耆・川の組み合わせを使って上に気血を昇らせるなどの調節ができます。

呉:黄耆・川を使って上で詰まってしまうような炎症は起きないでしょうか。それを防ぐためになにか理気剤のようなものを付け加えるのですか?

平馬:患者さんの状況に応じて方剤全体を考えます。茯苓や沢瀉で利尿をはかりながら黄耆・川で昇らせていったり、川と牛膝を組み合わせて上下のバランスをとったりします。それとやはり量をたくさん使うと、こちらが期待していたよりも効きすぎてしまったなあ、というようなこともありえます。これを調節していくということになるかと思います。

次へ

書籍のご紹介

鼻すっきりの健康学鼻すっきりの健康学
花粉症に負けない知識と『粘膜一本注射療法』 ご希望の方はamazonから購入も出来ます。

知られざる後鼻漏~鼻から始まるその不快感の正体とは~ ご希望の方はamazonから購入も出来ます。

後鼻漏、鼻炎でお悩みの方は、アレジオ銀座クリニックへ

©2018 アレジオ銀座クリック